世界気象機関(WMO)は14日、7〜9月のエルニーニョ現象の発生確率が25%との予想を示した。
10〜12月は勢力が弱い同現象が50%の確率で発生する見通し。