財務省が18日発表した5月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は5783億円の赤字だった。赤字は3カ月ぶり。

原油をはじめ資源価格高騰の影響や米国からの航空機輸入が増えたのが理由。

米国は日本との貿易不均衡を問題視しているが、5月の対米黒字は前年同月比17.3%減の3407億円と2カ月ぶりに減少した。