スイスの金融大手クレディ・スイスは10日、2018、19年の原油相場見通しを上方修正。石油輸出国機構(OPEC)による増産があるものの、供給が中断する可能性に言及。北海ブレント価格は18年が1バレル=73.50ドル(当初予想71ドル)、19年が75ドル(同70ドル)と予測。米国産標準油種WTIは18年が67.25ドル(同66ドル)、19年が67ドル(同65ドル)と見込んだ。

 クレディ・スイスは世界の原油供給に対する中期的なリスクとして、
。隠鰻邂聞澆諒胴颪砲茲襯ぅ薀鸚裁
▲戰優坤┘蕕慮沙困一段と深刻化する恐れ
リビアの輸出停止が続く可能性―などを挙げた。