昨晩のNYダウは反落し、前日比45ドル16セント(0.2%)安の2万5583ドル75セントで終えた。米中貿易摩擦への警戒や原油安が相場の重荷になった。ただ、堅調な企業業績や米景気に着目した買いは持続的に入り、下値は限定的。業績が好調で、貿易摩擦の影響を比較的受けにくい大型のハイテク株が買われ、相場を下支えした。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は7日続伸し、前日比4.662ポイント(0.1%)高の7888.326。