北朝鮮外務省は9日、米国との非核化交渉を巡り「トランプ大統領の意思に反して一部の米政府高官が我々に言いがかりをつけ、制裁・圧力に狂奔している」と米政府を批判する報道官談話を発表。

「米国が古びたシナリオに執着する限りいかなる進展も期待できない」として、ポンペオ国務長官らが核施設の申告や査察を要求し続けていることに強く反発した。

 「信頼を構築しながら共同声明を段階的に履行していく意思には変わりがない」と強調し、朝鮮戦争の終戦宣言を先行すべきだとの主張は譲らない考えを示した。