トルコのアイバイラク財務相は12日、通貨リラ相場の急落をめぐる市場の懸念払拭のため、行動計画を策定し、13日朝から計画を導入していくと述べた。

 ドル建ての銀行口座の差し押さえや預金のリラへ転換など問題外だと語り、政府による介入を否定した。
同財務相は行動計画について、銀行や、為替変動に最も影響を受ける、中小企業を含む銀行や実体経済部門を対象にしていると指摘。「財務省は13日朝から必要な措置を講じていく」と述べた。

 トルコ銀行局は今朝スワップ規制を発動。これはトルコの銀行がスワップ協定で買える調達できるドルの量に制限をかける(自己資本の50%までしかスワップでドルを調達できない)。