マレーシア国営ベルナマ通信によると、政府はゴム価格を引き上げる提案を検討している。
現在、マレーシア・ゴム委員会(MRB)によって1キログラム当たり2.2リンギに設定されている最低価格を3〜4リンギに引き上げたい考え。

 ジョーホル州で行われた産業フェアに出席したシャムスル・イスカンダル・モフド・アキン第1次産業副大臣が15日に明らかにした。

 小規模ゴム農園やゴムの木から樹液を採取する業者からの提案を受けたことが価格引き上げを検討するきっかけになったという。
シャムスル副大臣は、記者団に対し「政府は商品価格の下落に悩まされているゴム小売業者らの擁護に積極的に関与していく」と強調した。また「(ゴム価格の引き上げは)近隣諸国からの密輸など違法行為を防ぐことにもつながる」とも語った。