『大きすぎて潰せない』銀行は今では過去になく大きくなり、金利上昇と景気後退にさらされている。そのため、経済のシステミック・リスクは2008年より今の方が大きくなっている。

前回の危機以来の劣悪な金融・財政政策によって、次がもっと悪くなるのは確実だ。次の危機も政府が原因を作り、みんな驚きに囚われ、資本主義がスケープゴートにされるという点で似たものになるだろう。しかし、もっとひどくなるという点では大きく異なるはずだ。

次の危機では米国債が焦点となるだろう。 ドルが暴落し、金価格が上昇する。消費者物価が急騰するにしたがい、次の景気後退ははるかに厳しくなる。


RT