「米10年債は3.25%近辺が今年のピーク、おそらく来年は3.50%と予想している。 インフレは抑制され、CPIは2%は超えるが2.5%まではいかないだろう。 両方とも抑制されているので、恐れるべき水準まではいかない。」

「これまでFF金利は歴史的水準より大きく低位にあったので、FRBは歴史的水準に近い水準に近づけようとしている。正しい政策であり、経済はこれに耐えるだろう。」

「新興国市場へのエントリーを狙うのは正しいことで、同市場は本当に過小評価されている。 そのタイミングの前に、ドルが安定化するのが条件だ。」

「悲観が高まっているが、これは誤りだと思う。今年ほどではないかもしれないが、来年もいい年になるだろう。」