昨晩のNY金(12月限)は、反発。前日比2.7ドル高の1トロイオンス1230.1ドルで取引を終えた。

時間外取引では、人民元安によるドル高を受けて軟調となったが、株安を受けて下げ一服。日中取引では、株安やサウジアラビアの記者殺害疑惑、イタリアの財政懸念などを受けて堅調となった。