ブラジル国家食糧供給公社(Conab)は8日、2018〜19年度の同国の大豆生産見通しを1億1677万〜1億1927万トンと、10月時点の予測(1億1705万〜1億1943万トン)から下方修正した。

 トウモロコシに関しては9002万〜9095万トン(前月8973万〜9108万トン)と、レンジの下限を上方修正。
前年度の生産高は、大豆が過去最高の1億1928万トン、トウモロコシが8079万トンだった。

 作付面積は、大豆が3536万〜3613万ヘクタール、トウモロコシが1666万〜1681万ヘクタールと予測。
前年度は、大豆が3515万ヘクタール、トウモロコシが1663万ヘクタールだった。

 米農務省需給報告で、18〜19年度ブラジル産大豆の生産高を1億2050万トン、トウモロコシを9450万トンと予測している。