週末のNY原油(1月限)は、3日ぶりに反発した。前日比1.12ドル高の1バレル52.61ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国は7日の会合で減産延長で合意、需給改善を期待した買いが膨らんだ。