週末のNY金(2月限)は、続伸。前日比9.0ドル高の1トロイオンス1252.6ドルで終えた。
11月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の増加幅や平均時給の伸び率が前月比で市場予想を下回り、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースが鈍くなるとの見方が材料視された。