2008年には、中国はまさかの時のために大金を蓄えていて、支出を行い世界を助けてくれた。

今回は、中国さえも債務を抱え、中国の一部は多くの債務を抱えている。

次回は誰が助けてくれるんだ。