国連食糧農業機関(FAO)が10日発表した2018年の世界食料価格指数は168.4となり、前年比6.2ポイント低下。下落は2年ぶり。

生産や在庫の増加に伴う砂糖と植物油の値下がりが全体を押し下げた。