wti

昨晩のNY原油(2月限)は、続伸。基準線と転換線が好転間近。2018年10月高値〜12月安値までの下げ幅に対する38.2%戻し(55.3ドル)が試す荒れる流れ。オシレーター系指標は、短期的な買われ過ぎ感示唆。