昨晩のNY金(2月限)は小反発。前日比2.1ドル高の1トロイオンス1289.5ドルで終えた。

時間外取引では、ドルの先安感を警戒して買いが先行。日中取引では、ドルが買い戻されたことが圧迫要因となり、上げ幅を縮小。しかし欧米の株価の下落を背景にヘッジ買い意欲は根強く、小高く推移した。