中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会、CBIRC)の幹部は11日、国内商業銀行の昨年末時点の不良債権比率は1.89%に上昇したと記者団に明らかにした。
2009年以来の高水準となる。