「歴史は韻を踏む」