昨晩のNYダウは小幅に続伸し、前日比7ドル05セント高の2万5709ドル94セントで終えた。

アナリストの前向きな評価が相次いだアップルが上げたほか、金融株への買いも相場を支えた。ただ、米中首脳会談が4月以降に延期されたと伝わり、協議が長引くとの見方は重荷だった。

ナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに小反落し、同12.495ポイント(0.2%)安の7630.910で終えた。