dow

昨晩のNYダウは続伸した。前日比115ドル97セント(0.5%)高の2万5648ドル02セントで終えた。

15日発表の中国の4月の工業生産高や市場予想を下回り、4月の米小売売上高は前月比0.2%減と予想に反して減少した。4月の米鉱工業生産指数も横ばいとの予想に対して低下した。米中の低調な経済指標を受け、世界景気への不透明感が強まリ、朝方は売りが先行したが、「米政権が自動車や同部品への追加関税導入の判断を6カ月遅らせる」と伝わり、貿易摩擦への警戒感が後退。

ムニューシン米財務長官が米議会で、カナダやメキシコに対する鉄鋼やアルミニウムへの追加関税の撤廃を検討していると述べ、更に(米の交渉団が)貿易協議を継続するために早めの段階で訪中するだろうとも述べ、米中貿易交渉が早期に再開するの見方が浮上したため反発となった。

ナスダック総合株価指数も続伸し、同87.653ポイント(1.1%)高の7822.147で終えた。