中国の国家統計局は15日、4月の消費や生産の状況を示す主な経済統計を発表。小売店やインターネット通販などの売上高の合計である「社会消費品小売総額」が約16年ぶりの低水準になるなど軒並み低下した。

 社会消費品小売総額は前年同月比7・2%増。伸び率は3月(8・7%増)から1・5ポイント低下し、2003年以来の低い水準。

 鉱工業生産は5・4%増と、3月(8・5%)から3・1ポイント縮小。公共事業や企業の設備投資などへの投資額を示す「固定資産投資」も1〜4月の累計で前年同期比6・1%増で、1〜3月(6・3%)の伸び率を下回った。