国際エネルギー機関(IEA)月報では、2019年の需要増加見通しが9万バレル下方修正され、日量130万バレル増まで引き下げられた。ただ、特に材料視されていない。3月の経済協力開発機構(OECD)加盟国の石油在庫は前月比2580万バレル減の28億4900万バレルだった。