dow

昨晩のNYダウは反落した。前日比68ドル77セント(0.3%安)の2万7154ドル20セントで終えた。

ボーイングを中心に買いが先行したが、午後に入り、WSJ紙がブラード・セントルイス連銀総裁など複数のFRB高官の発言を振り返り「FRB高官らは7月会合で0.25%の利下げを示唆した」と報じた。前日まで市場では0.50%の利下げ予想が広がっていただけに、報道をきっかけに売りが優勢になった。

イランの精鋭部隊がホルムズ海峡で英石油タンカーを拿捕したと伝わった事も一因。

ナスダック総合株価指数は反落し、前日比60.754ポイント(0.7%)安の8146.489で終えた。