dow

昨晩のNYダウは5日続伸し、前日比73ドル92セント(0.3%)高の2万6909ドル43セントと7月30日以来ほぼ1カ月半ぶりの高値で終えた。

中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が米政府に対する訴訟の一部を取り下げたと10日に発表。ファーウェイへの制裁緩和などを条件に中国政府が米国の農産物を購入する方針だと伝えられ、中国売上高比率の高い銘柄が買われた。

ただ、欧州中央銀行(ECB)の理事会を12日に控えて様子見気分が強く、7月に付けた過去最高値が近づいていたため、目先の利益を確定する目的の売りも出やすかった。

ナスダック総合株価指数は3日続落し、3.282ポイント安の8084.155で終えた。