人の相というものは、見よう見ようという心で見ると、まことの相は見えない。

観相に当たっては、その人間を見るのではなく、天地の声を聞き、その人間を取り巻く自然万物を明らかにするのが大事ーと。