明日を思い患うことなかれ。

足の裏で息をせよと言ったのは荘子である。