nyg

昨晩のNY金(12月限)は3日続落した。前日比0.5ドル安の1トロイオンス1503.9ドルで取引を終えた。

9月の米生産者物価指数(PPI)が前月比−0.3%となり、事前予想を下回ったことから上げ幅を拡大し、1515.3ドルまで上昇。米中通商協議に対する警戒感も買い材料となった。パウエルFRB議長講演も一因。

ただし、中盤にかけてドルが堅調に推移したことから上げ幅を削る展開となり、小安く引けた。前日の高値1515.8ドルを上抜けず、テクニカル要因から強気となれなかったことで手仕舞い売りも増えた。