イラン海運最大手NITC、イラン船籍タンカーを攻撃したミサイルはおそらくサウジから飛来。

サウジVSイランの構図が強まると、原油市場の上値余地は短期的に広がる。