政府は18日、日米貿易協定の経済効果について、実質GDP(国内総生産)を0.8%(約4兆円)押し上げる効果があるとの暫定試算を公表。GDP増加に伴い、労働供給も約0.4%(約28万人)増加するとした。