宗久は、かたくなまで相場を客観視しようとした人で、相場は人為の及ぶものでないという考えを貫いた。