北朝鮮が米朝非核化交渉の期限とする年末が近づく中、文在寅大統領は7日、トランプ大統領と電話協議し、北朝鮮問題について意見交換した。

 韓国大統領府によると、両首脳は「最近の朝鮮半島情勢が厳しいという認識」を共有。非核化交渉で早期に成果を出すために「対話の勢いが維持されなければならない」という点で一致した。