危うきに逢わば、すべからく棄つべしと言うのが碁の金言にある。