nypt

昨晩のNY白金(4月限)は反発。前日比7.4ドル高の974.7ドルで終えた

ドル高が圧迫要因となったが、金やパラジウムの堅調を受けて964.9ドルで押し目を買われた。時間外取引の高値を突破すると、977.8ドルまで上昇した。

中国で新型コロナウイルスの感染基準の見直しを受けて感染者が急増し、金が堅調に推移したことが支援要因になった。また英ジョンソン・マッセイ(JM)が前日、パラジウムの大幅な供給不足が続くとの見通しを示し、パラジウムが上昇したことも買い要因となった。