ロシア政府は13日、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成するOPECプラスの協調減産期限を延長するかどうかについて、まだ決定していないと明らかにした。現在の協調減産は、3月末に期限を迎える。