米気象予報機関(NWS)傘下の気象予報センター(CPC)は13日公表の月報で、北半球では今春、エルニーニョ現象のニュートラル(中立状態)が続く確率を約60%と予想。夏まで続く確率は50%とした。