wti

昨晩のNY原油(3月限)は、続伸した。前日比0.63ドル高の1バレル52.05ドルで終えた。

中国で新型コロナウイルスの感染が広がっており、当局の発表する感染者数の数字などに不信感が高まっているものの、サウジアラビアとロシアを中心とした石油輸出国機構(OPEC)プラスの追加減産期待を背景に買い戻しが優勢だった。

需要減少を背景に中国化工集団有限公司(CNCC)は日量10万バレルの石油関連施設を一時停止すると発表。中国国内の製油所はこの2週間程度で日量で約150万バレルの減産を強いられている。中国では過剰な原油在庫が積み上がっており、沿岸部では荷揚げできない石油タンカーが立ち往生している模様。