yen

昨晩のドル円は、前日比05銭円高・ドル安の1ドル=109円70〜80銭で取引を終えた。

14日発表の1月の米小売売上高は前月比0.3%増。注目度の高い自動車や同部品、ガソリン、建築資材、外食などを除いたコアの小売売上高が横ばいにとどまり、米長期金利が低下し、日米金利差の縮小思惑による円買い・ドル売りを誘った。

ただし、欧州の景気減速などを背景に対ユーロでのドル買いが続くとの見方や、NYダウが下げ渋り、ナスダック総合株価指数が上げに転じたため、ドル円の下値は限定的となった。