ネバダ州の党員集会で、左派サンダース上院議員(78)が勝利したと伝えられている。第2戦に続く連勝。

 中間集計によると、中道バイデン前副大統領(77)、中道ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)、左派ウォーレン上院議員(70)の順で追っている。

 白人が9割以上を占めた第1、2戦の中西部アイオワ州、東部ニューハンプシャー州と違い、ネバダは中南米系や黒人が多く、人種的に多様な西部州で初の戦いで、バイデン候補の優勢予想もあったが、サンダース候補が優位になった模様。