国際ニッケル研究所(INSG)は20日、2019年12月の世界ニッケル市場は2000トンの供給過剰だったと発表。11月実績(供給過剰1100トン)から拡大。19年のニッケル市場は3万0400トンの供給不足。18年は14万4700トンの不足だった。