弊社セミナーでもお馴染みの藤巻健史さんのツィートから

FRBが政策金利をゼロにしたとのニュースがたった今流れた。ものすごい危機感の表れだ。この時間に流れたということは日本市場をかなり意識していると思う(黒田総裁や安倍首相が苦しまぎれにお願いしたか?)。注目点は本日の長期金利の動き。「(政策金利)の最後の利下げは長期金利の転換期という格言」が業界にはかってあった。過去には大体その通りに動いてきた。本日以降の長期金利がどう動くかが重要。上昇に転じたら、この政策は逆効果。もう1点は、これでFRBは利下げという強力な政策を使い果たしてしまったことを市場がどう判断するかという点。悪い実体経済の数字がこれから出てくると思うが、矢玉は使い果たしてしまった。又、長期金利といい、短期金利といい日米金利差はこれで、ほぼなくなった。本日、円高が進まないようだと今後の円高要因はほぼ、無くなった。もしこのニュースで円高に行くのならドルの絶好の買い場、かつ最後の買い場かも。