tkgmac

 本日の東京金は、続落。MACでは、3月2日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(5377)〜HMA(5676円)を上値抵抗帯として戻り売り基調継続。
TKGICHIMOKU

 2019年5月安値を起点とする上昇チャネル割れ。3月2日の当面の底値候補であった下ヒゲ安値を割り込んだ。一目均衡表の雲も割り込み、下値試しが先行。基準線〜転換線が上値抵抗帯として機能中。
 一目均衡表からの下値目標のN=5228円は達成。V=5128円。
tkgrenko

 練行足は陰転。
TKGHL

 20日間・50日間安値を更新しており、トレンドフォロー型指標の多くは、陰転継続。