米大統領選の民主党候補指名争いで南部フロリダなど3州の予備選が17日(日本時間同日)行われる。 17日に予備選が行われるのは、党候補を指名する代議員が全米で4番目に多いフロリダ州(代議員数219)のほか、中西部イリノイ州(同155)と西部アリゾナ州(同67)。

 新型コロナウィルス感染リスクが懸念される中、オハイオ州のデワイン知事は16日、予備選を6月に延期すると表明した。予備選の延期はルイジアナ、ジョージア、ケンタッキー各州に続き4州目。

 指名争いは、全代議員の過半数(1991人)を獲得した候補が勝者となる。CNNテレビによると、バイデン氏の16日現在の代議員獲得数は845人で、サンダース氏の694人を151リードしている。