安倍晋三首相は23日午前の参院予算委員会で、東京オリンピック・パラリンピックについて「中止はあり得ない」と強調した一方、仮にそれが困難な場合には、アスリートを第一に考え、延期の判断も行わざるを得ない」と述べた。