原則1.損をしない。

原則2.原則1を決して忘れない。