dow

昨晩のNYダウは、続伸した。前日比495ドル64セント高の2万1200ドル55セントで終えた。

前日に過去最大の上げ幅となった反動で、利食い売りなどで下げる場面もあったが、トランプ米政権と与野党の議会指導部が2兆ドル規模の経済対策で25日未明に合意。景気刺激策が早期に実施されるとの見方から幅広い銘柄に買いが入った。経済対策の規模はGDPの約1割に相当し、2008年の金融危機後の経済対策(7000億ドル)を大幅に上回った。

バーナンキ元FRB議長が25日の米CNBCで新型コロナウイルスの経済への影響について「世界大恐慌時とは違う」と述べ、米景気が後退局面入りしても長期化しないと示唆し、過度な警戒感が和らいだ面もあった。

ナスダック総合株価指数は反落し、前日比33.56ポイント安の7384.30で終えた。