cs

昨晩のシカゴ大豆(5月限)は、前日比1.25セント安の880.25セント。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う南米諸国からの需要不安や大豆粕市場の堅調な足取りが下値を支えたが、期近の中心限月はチャート面から売られて続落となった。


cc

シカゴコーン(5月限)は前日比0.25セント高の348.75セント。
週間純輸出成約高が事前予測の上限を上回る強気な内容だったことが買いを促した。ただ、原油価格の低迷が続くなか、エタノール生産用としての需要が後退するとの懸念から上値は抑制され、上げ幅は限定的。