新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を克服するために必要なあらゆる手段を取る。
全ての必要な公衆衛生上の措置を取るとともに、十分な資金の確保を目指す。
医療物資・機器の製造能力を拡大し、可能な限り速やかに利用可能となることを確保する。
治療薬やワクチンの速やかな開発・製造に向け、民間部門を含めた調整を強化する。

世界経済の成長を回復し、市場の安定を維持するため、全ての利用可能な政策手段を用い、できる限りの対応を行う。
世界経済に対して5兆ドル(約550兆円)超を注入している。
強大な財政支援の実施を継続する。
財務相・中央銀行総裁に対し、行動計画を作成するため、定期的に調整を行うことを要請する。
国際的なサプライチェーン(部品供給網)の混乱を解決するために取り組む。

人類の力強さの証しとして、完全な形で東京五輪・パラリンピックを主催するという日本の決意を称賛する。

状況に応じて再び会合を行う用意がある。