ドイツの格付け会社スコープは26日、新型コロナウイルスの感染拡大が経済に及ぼす打撃により、イタリアの公的債務の国内総生産(GDP)比が145%を上回る水準まで容易に上昇しかねないと警告。

 同社はリポートで「イタリアの公的債務は1年以内にGDP比145%を楽々と突破するだろう。2020年に財政赤字が大幅に拡大するのは、『ショック療法』である500億ユーロ規模の財政支援措置と併せて、循環的赤字が増加するためだ。財政支援措置だけで財政赤字をGDP比2%超押し上げる」と指摘。