私は結論に達した。
楽観が過剰な時、私の仕事は『それは事実にしては良すぎる』と言うこと。
悲観が過剰な時、私の仕事は『それは事実にしては悪すぎる』と言うこと。
そうやって私たちは危機の中お金を儲けてきた。